コンブチャはアメリカで育ったダイエット向きの酵素ドリンク

ダイエットの先進国であるアメリカで生まれ育ってきた酵素ドリンクとしてコンブチャが日本でも有名になりました。名前だけを見てしまうと日本人は昆布のお茶という誤解をしてしまい、出汁を楽しむための飲み物かと考えてしまうかもしれません。しかし、アメリカでKOMBU-CHAという名前で売られるようになったのは昆布に由来しているわけではないので注意しましょう。菌を意味する韓国の言葉が由来になっていると言われています。つまり、コンブチャは身体にとって有益な菌を身体の中に取り入れることで健康と美容を促進するためのドリンクとして開発されたのです。
美容を求めたいという人にとってダイエットは大きな課題の一つでしょう。アメリカでは日本に比べても切実な問題となっているため、そのための徹底したデザインが行われました。ハーブや果物を中心とする200種類以上の植物から抽出した酵素を配合したドリンクになっています。酵素の力によって痩せるという方法はダイエットの基本的なアプローチとして広まってきていますが、多様な酵素を一度に摂取できるのは魅力的な点でしょう。消化に関わる様々な酵素を摂取し、代謝をサポートしていくことによって基礎代謝を向上させられるのはダイエットにつながります。代謝の向上は心身の機能の改善にもつながるため、それがまた基礎代謝の改善に働きかけてくれるだけでなく、日常的な活動も活発になってエネルギーをよく消費できるようになるでしょう。心身の機能が良くなると自然に健康になることができます。そして、肌も新しいものに生まれ変わっていき、スリムで美肌の自分を生み出すことができると期待できるのです。代謝を上げるときにはビタミンやミネラル、アミノ酸が十分に補給される必要があります。その配合も怠っていないのはコンブチャの特徴であり、これさえあれば安心と信じられるデザインになっているのも特徴です。
菌活のための発酵紅茶とも呼ばれるのは乳酸菌とポリフェノールが配合されているからです。アシドフィルス菌、ビフィズス菌、フェリカス菌を配合して腸活を同時に行えるようになっています。ダイエットにつきものの便秘の解消にも役立つ酵素ドリンクとして設計されているのです。その機能を助けるためのポリフェノールとオリゴ糖も配合されているのでコンブチャを飲んでいれば菌活は円滑に進めることができます。酵素と乳酸菌のコンビネーションがコンブチャの真骨頂です。